街の灯の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「街の灯」に投稿された感想・評価

粉雪

粉雪の感想・評価

4.5
ラストにチャップリンの正体に気がつく娘。その表情は喜びなのか、それとも、、、。深い余韻を残す、名作です。
今年25本目。面白いなぁ。笑えて泣けてエンターテイメント。ギャグまで意味のある伏線。すごいシナリオだ。自堕落で死にたがりの金持ちと主人公の対比。ここまで無駄がないとは思わなかった。やられた。褒め出すとネタバレにもなるのでやめるけど。ハンヒョジュの「ただ君だけ」が観たいんだけど、これをモチーフにしてるらしいので先に本家を観なくてはと思い鑑賞。
Sweetie

Sweetieの感想・評価

4.1
チャップリンのピュアな心💓

優しさとおもしろさに満ちてる。

表情というか、笑顔が可愛かった。
チャップリンでは一番好きかな〜〜。
盲目の少女のためにお金を稼いでくる誰もがヒーローだと思ってた男にようやく会えたと思えたら、その男は浮浪人なんだよ。
切ね〜〜!
見飽きない。
ボクシングのシーンはほんとに面白い。腹がよじれる。
ストーリー、テンポ共に良くて、名作だと思う。
いしが

いしがの感想・評価

3.0
白黒だからこそサイレントだからこその面白さ。
所々ベタ過ぎてキツかったけど、ボクシングのシーンでのギャグは今の日本のお笑いを先取りしてると思ったぐらい高度。

ただ、単純な笑いの密度で言うとモダンタイムスの方が上。
コントとしてはボクシングのくだりが一番好き。(酒乱富豪と窃盗の場面のあの種の陰影の深さってあまりチャップリンの映画では見かけない気もするけど、数を観ている訳じゃないからただの偏見かもしれない)
いつ見たかは覚えてないけど、とても良かったことは覚えてる。サイレントだからこそできるラストシーンの間が美しすぎる。これのおかげでサイレント映画に何の偏見も無くなったので他も見たい
Tomo

Tomoの感想・評価

4.2
チャップリン映画初鑑賞かつサイレント映画初鑑賞でした。
声がなくてもまったく問題なくのめり込めました。声がない前提で作られたためか、分かりやすいオーバーなリアクションがなんとも可愛く素敵でした。パーティーシーンなんかは主役級の人に限らずすべての人がアニメーションのような動きで自然と笑顔になります笑 どの場面を切り取っても楽しい映画です。
映画に当てられた音楽やSEなんかもいちいち可愛くお洒落でした。
雨に唄えばでサイレントからトーキーに移る時代を扱っていましたが、実際にみて初めてサイレントだからこその良さがあると知りました。この映画もすでにトーキーに遷移した時代にあえてサイレントで作られた映画らしいですよ。

肝心のストーリーですが、盲目の女の子の治療費を稼ぐために奮闘するチャップリン。途中のボクシングの無限ゴングのシーンに笑いましたw
とても健気で、自分を犠牲にしてでもその子を救おうとする行いがとても素敵でした。そして最後のシーンは受け取り手に委ねられているように感じましたが、私は少し悲しい想像をしてしまいました。また見返すと捉え方が変わるかもしれません。
taka

takaの感想・評価

4.5
初チャップリン!
どの場面も印象的で素敵。でもラストシーンが一番かな…