mimico

5月の花嫁学校のmimicoのレビュー・感想・評価

5月の花嫁学校(2020年製作の映画)
3.8
1960年代のフランス。寄宿学校で少女たちが徹底的に教え込まれるのは良妻賢母になるための心得と技術。その内容は当の少女たちも笑ってしまうほどの原始的なもの。学んだことがするすると頭に入り身につくこの貴重な時期に、家庭内のことだけしか学べないことは生徒たちだけでなく社会にとっても大きな損失だったはず。

とはいえこの映画はコメディ。主演のジュリエット・ビノシュのいかにもな髪型や服装を始めとして、シスターの極端な言動や、実は好色な校長など、笑えるポイントがたくさん。

少女たちや教師が自由に目覚めて行動を起こす最後のシーンはカラフルで元気いっぱいで、最高に楽しかった。