5月の花嫁学校の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「5月の花嫁学校」に投稿された感想・評価

mh

mhの感想・評価

3.6
オンライン試写会で鑑賞


まだ封建的なフランスで、お堅い花嫁学校の先生だった主人公が、夫が亡くなったことにより、ズボンを穿くようになったり変わっていく姿が爽快で痛快でした。

特に後半からのミュージカル調の演出が楽しくてステキなコメディでした。

特に女性の方におすすめします。
m

mの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

映像がとても可愛かった、あの世界にはいってみたい!
校長の考えが少しずつ変わっていくところも面白かったし、メインの生徒4人も個性があってよかった。女性は強いのだ!!!
Shiraki

Shirakiの感想・評価

3.3
まるで夫の奴隷になれと言っているようなゾッとする教育。時代は1967年。
家政学校の校長ポーレットは自分がしているそんな教育におそらく多少の疑問を持っていただろうけど、夫の死以降起きる出来事たちにより、自身の教育に耐えられなくなる。

自立させられないことや、人生を委ねてしまうことの危うさを分かりやすく伝えてるけど、
イマイチ革命との繋がりが中途半端だったり、色んな恋愛要素があったり、最後唐突に歌い始めたり…
他にもなんか色々詰め込まれてた気がするし散らかった印象。

コメディ要素もあってテンポ良くサクッと見やすかったけど。


それにしても、30年ぶりに再開した恋人が素敵で理想すぎるでしょ笑

最後できればパリの景色も見たかったな。
家政学校の壁紙や窓や家具がとっても素敵だった。
samiam

samiamの感想・評価

3.0
けったいな映画だった。😁
特にエンディング。。。
ミュージカル💃に行っちゃったのね。。。😂

鑑賞後にFilmaサイトの「あらすじ」読んだけど。。。
これ書いた人、ホントに本作観て書いたのかな?
床

床の感想・評価

3.0
・先生と生徒が解き放たれて自由になるシーンが意外と最後の最後で尺が短くて唐突だった
・女性の権利を守るためにこれまでに頑張ってきた女性たちの努力を無駄にしてはいけないなと思った
・女性と4人が楽しんでる姿めっちゃかわいい混ざりたい
・バスに乗っているみんなの服装がかわいい
・でもあの状態でパリに向かうのはさすがに危険w
・夫に甘えたくなったときに気を引き締めるために観たい映画
リコ

リコの感想・評価

3.0
ピンクのスカート履いたまま、フェミニストになってもええんやで。

フェミニズム入門映画としては及第だけど、現代の視点から60年代フェミニズムを批評する描き方もできたんじゃないか。
唐突な『新学期・操行ゼロ』あるいは『神学校の女生徒』オマージュからの、階段キスはきゅんとした。けど、演出が淡白だったので残念。
mimico

mimicoの感想・評価

3.8
1960年代のフランス。寄宿学校で少女たちが徹底的に教え込まれるのは良妻賢母になるための心得と技術。その内容は当の少女たちも笑ってしまうほどの原始的なもの。学んだことがするすると頭に入り身につくこの貴重な時期に、家庭内のことだけしか学べないことは生徒たちだけでなく社会にとっても大きな損失だったはず。

とはいえこの映画はコメディ。主演のジュリエット・ビノシュのいかにもな髪型や服装を始めとして、シスターの極端な言動や、実は好色な校長など、笑えるポイントがたくさん。

少女たちや教師が自由に目覚めて行動を起こす最後のシーンはカラフルで元気いっぱいで、最高に楽しかった。
ゆ

ゆの感想・評価

-
新しい七箇条唱えるシーンのみんなの服の色も鮮やかで、画面いっぱいに生き生きした感じが伝わってきた
教え方はともかく料理と掃除と裁縫教えてくれる学校いいな、新しい七箇条のもとで通いたい👰
事前に予想していたペース配分とはまぁまぁ違っていて、夫に先立たれた女校長の新しい恋が結構なウエイトを占めている事に途中まで戸惑いつつ観ていたけれど、多幸感溢れる枕合戦のシーンとめちゃカッコいい"革命に向かう女性たち"のシーンが最高だったので結局は浄化されました。

というか後になってみると、最終的に"私たちは何年間こんなひどい事をしてたんだ!"と気づくに当たって、その前の素敵な恋に落ちていく過程を描く時間は必要だったようにも思える。

女校長・義妹・シスター達シニア世代が解放されていく様も確かに良いんだけれど、個人的にはもっとヤング世代の奔放な姿を観たかった感。佇まいのナイスな役者さん達が揃っていたので、勿体ないかなぁ。
素晴らしい作品だった。観終わって爽快な気分になれたとにかくおすすめできる。
そしてなぜ日本ではなかなか男女平等を実現できないなのかここのコメント欄を観て大体わかる。
低い点数をつけたのは、女が自由になったら男の奴隷じゃなくなることを恐れる男か、今までずっと檻の中に生きてこられた古い時代の主婦かどちらかではないかな私の邪推でしらんけど。Shame of you!