オカルト博士

ファイブ・イージー・ピーセスのオカルト博士のレビュー・感想・評価

4.5
ジャック・ニコルソン主演
アメリカン・ニュ-シネマの傑作!

昔に観た時は、凄く感動して
久しぶりにまた観たいと思ってた作品。
ニュ-シネマと言えばドロップアウトを描いた傑作ばかり。中でもコレは◎

有名な音楽一家で育ったボビ-(ジャック・ニコルソン)は音楽の世界からドロップアウトし自堕落な生活を送っていた。病で倒れた父親を見舞うため久しぶりに実家に帰ってくるが…。

ドロップアウトの何が悪い?
嫌な事を無理に頑張る"根性"なんて言葉も自分は好きじゃないし。★
主人公は音楽一家に育って音楽辞めるって、よっぽど何かあったんかな?と思わせる。

☆辛い事からは逃げるのがベタ-
例えば、人間は辛い事や嫌な事からはすぐに逃げなければならない。仕事場でめっちゃ辛い事の毎日があれば会社を辞めるとかしないと(過労死、自殺)に発展する。辛い事を我慢するとその内にガンになると~これは『ホンマでっか!テレビ』で先生がはっきり言ってはりました。なるほどね~☆

主人公はドロップアウトしても、ちゃんと肉体労働の仕事してるし、彼女(カレン・ブラック)もおるし。この彼女のキャラがこの作品の面白いとこで、男からすると~かなりウザい。めんどくさい。でもほっとけない"ウザ可愛さ"もある。ラスト前、車を運転するジャックニコルソンの横で「ドント、タッチミ-」
「ドント、タッチミ-」って歌いながらキスしてくるシ-ンはウザさ100%!(笑)