スカイ・クロラ The Sky Crawlers(2008年製作の映画)

THE SKY CRAWLERS

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:121分
    監督
    押井守
    脚本
    伊藤ちひろ

    「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」に投稿された感想・レビュー

    Megumi
    Megumiの感想・レビュー
    3日
    -
    記録用
    HarunaTanaka
    HarunaTanakaの感想・レビュー
    4日
    3.0
    戦闘シーンは素晴らしかった。
    設定に悲しさがある。もう一度みたいな。悲しくなろう。
    メルヘン
    メルヘンの感想・レビュー
    2017/04/17
    4.0
    2008年公開。
    森博嗣の原作は未読。
    新文芸座で鑑賞。

    オールナイト上映の最後の作品であり、前半のほうは集中力に欠けていて、易しい内容ではあるはずが十分に理解できず。
    しかし後半だけを見るに、冗長に感じられる。
    細かい作画に相当の手間をかけて制作しているそうだが、確かにそういうところから作品全体の雰囲気は構築される。
    しかしその重要性についてはまだしっくりと来ず。

    ----------
    2015年12月

    二度目の鑑賞。

    確かに激しい戦闘シーンは数回あるが、そこ以外は実に淡々と物語は進行する。
    台詞はあまりなく、ギャグもない。
    登場人物の感情も、世界観が説明される前までは共感し難く、退屈に感じられるかもしれない。
    そういう意味では、川井憲次が手掛ける音楽の力は大きいだろう。
    音楽に流れ風景が差し込まれるだけで、何か始まる気がしたり、考える間が生まれたりする。
    細かい演出のひとつとして、映像演出がある。
    実写さながらのレンズ効果を出したり、淡い明るさにしてみたり、スローモーションにしてみたり。
    また、同じ構図での対比が、度々使用される。
    長台詞の長回しでは、アニメーションならではの登場人物の静止が、違和感を感じさせる。
    音の作り込みも細かい。
    足音、床の軋む音、服の擦れる音、音の反響、地響きなど。腰の金属部の音が、まさかラストにも繋がるとは。
    一見不要と思われる人物にもきちんと意味があるのだが、何度も見直さなければ十分には語れないであろうため、今回は割愛する。

    ----------
    2016年3月

    三度目の鑑賞。

    主となる音楽を聴かすためのシーンが多い。
    キャラクターデザインが苦手だが、話としてはまとまりがあっていいと思う。
    no
    noの感想・レビュー
    2017/04/17
    -
    是非とも原作も。
    ちゃっきー
    ちゃっきーの感想・レビュー
    2017/04/17
    1.5
    評価不能
    ドスケベむさし
    ドスケベむさしの感想・レビュー
    2017/04/15
    -
    数年前に鑑賞、内容全然覚えてない。唯一覚えてるのが「私にまだ押井さんは早過ぎるみたい」ってこと...
    りんすこう
    りんすこうの感想・レビュー
    2017/04/14
    4.5
    死ぬことも、生きていくことも不幸なのだとしたら。どちらも大差ないのなら、生きて戦っていこう。なんて色も艶もある映画であろうか、禁欲中の僕にも、色めきだっている世界にも。
    よもぎ
    よもぎの感想・レビュー
    2017/04/07
    4.0
    記録用
    Haru
    Haruの感想・レビュー
    2017/04/07
    3.0
    飛行シーンが印象的
    空がきれい
    >|