インヘリタンスの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「インヘリタンス」に投稿された感想・評価

Kota

Kotaの感想・評価

3.2
“あなたの企は分かっている。”

富豪の死によりその娘(リリー・コリンズ)は父からの遺産として鍵を受け取る。しかしそこに隠されていたのはお金でも物でもなく、鎖に繋がれた男(サイモン・ペッグ)であった。彼女は彼の真相を探るうちに家族の恐るべき秘密にたどり着く…。

サイモン・ペッグがもうガリガリでゾンビみたいな怪演ぶり。リリー・コリンズがシャウトしすぎな気がするけど、ストーリーのどんでん返しも含めて低予算でサクッと良くできてるスリラーだった…かな。
2020年 アメリカ🇺🇸

原題『Inheritance 』遺産、相続財産
ニューヨークの政財界の大物が急死した、彼の娘が相続したものは…

リリー・コリンズ主演のスリラー
サイモン・ペッグが地下室で30年もの間監禁されていた怪しい男を演じてます

長年監禁されていたにも関わらず主人公の家族について詳しい男
彼から聞かされる死んだ父親の秘密

おもしろい設定で、序盤はなかなか良かったのですが、話が進むにつれてなんか無理矢理感がでてきて全然入り込めませんでした
本来なら「遂に明かされる真実」で盛り上がるはずのクライマックスもイマイチでした
もっと驚きたかった😑

そういえば、監督ヴォーン・ステインの前作『アニー・イン・ザ ・ターミナル』も雰囲気ばかりで全然面白くなかったなぁ

上流階級の雰囲気漂うリリーちゃんはなんと!ケイト・マーラの代役で起用されたそうで😳ケイトが主演だったら、もっとB級感が出ていて本作を「劇場で観たい」とは思わなかったでしょう

まったりDVD📀配信鑑賞でギリの作品
リリーちゃん主演だからスコア甘めです
yuki

yukiの感想・評価

3.5
字幕版を鑑賞。大好きなサイモン・ペッグが出演しているということで、予告映像がなんだか怖めだったのでビビりながら見に行きましたが、「得体の知れない恐ろしさ」を彼が演じるとこうなるのか!という新たな面が見れたのが良かったです。ミッションインポッシブルとか見た後にこれ見たら温度差で風邪引きそうw

父親の「秘密を暴こうととするな」って遺言がフリにしか見えなかったです。本当なにをしたかったんやこの親父は…あんな遺言残されたら正義感強すぎな娘が何をするか、分かって…なかったんだろうな〜あの父親だもんなぁ〜(遠い目)
正しくあろうとする心と家族を守りたい心情の板挟みになった娘が、結果的に家族を破滅への最後の一押しをしてしまったのがなんとも後味が悪かったです。
2021年146作目(劇場22作目)

雰囲気だけ出涸らしスリラー。

とても残念でした。
監督の前作の雰囲気は好きだったので、
期待していましたが面白くなかったです。

序盤は少し期待の持てる展開でしたが、
出涸らしで作るお茶くらい話が薄いし、
登場人物の言動に無理があるので、
すんなり入ってこない…
結果、終始スリルは感じられません。

あのサイモンペッグのサイコ演技が、
空回りしているようにみえるくらいに、
本当にスッカスカの物語でした。

オススメしません。
サイモンペッグが好きなので冷静に見れなかったけれど、だいぶツッコミどころ満載だったような?そもそもリリーコリンズが子持ちの検事に見えないし。この監督の前作もあまり好きではなかったんだよなぁ。
まぁ、珍しくヒールのサイモンペッグが見れたので良しとしましょう。
jkgntm

jkgntmの感想・評価

3.0
Filmarks使いはじめて過去ワーストクラスの⭐︎の低さだったためハードル下げまくりで鑑賞。何か見た顔がいるなと思ったら前日鑑賞の“Mr..ノーバディ”にも出演してたコニー・ニールセンが今作にも。
“真実を掘り起こすな”っていう父の真意は何だろうと考えていたのですが“押すなよ、絶対に押すなよ”(©︎ダチョウ倶楽部)的なことかなと勝手に解釈。
リリー・コリンズはお美しいですが子持ちやり手検事には見えなかったです…。
せりな

せりなの感想・評価

3.0
ホラーっぽい雰囲気に見えるビジュアルだけど、サスペンスとスリラー要素の作品。
少しずつ真実が判明していく過程は面白かったけど、事実にたどり着くために困難があるわけではないので、物足りない人もいるかも?
どちらかといえば、登場人物の人間性や素性を明らかにしていくストーリー。
全てが明るみになると父親もかなりアレな人物なので、登場する男性陣に碌な奴はいない。
平たく言えば、クソ男たちのやらかしを女性が後始末する物語だと思う。
父親の遺産を無視していれば穏やかに暮らせたのに。
わざわざ手の込んだことして娘に託すなんて性格悪いわ…

でも正義感の強いリリー・コリンズは凛としていて素敵でした。
悪い、サイモン・ペッグも悪くない。
大きなものを背負っていると正しい判断が困難になる、という話だけど夫や娘との時間をもっと作っていればもう少し違った結末になってたのかなとも思う。喪服やマスクなど序盤のリリー・コリンズの衣装がとても良い。

このレビューはネタバレを含みます

相続した屋敷の秘密の地下壕には30年もの間鎖に繋がれたサイモンペッグが!……それだとなんつーコメディだよと思う。
 
開幕のクソわざとらしい伏線と今っぽい家族構成はさておき、狭い密室でのシリアスな2人芝居は見応え充分だし、謎が解かれていき過去の罪に現在の状況が絡むお話は程良くミステリー追う楽しさを感じる。
美麗な森と夜空は映えるし、屋敷や裁判所の映像も好き。
 
ただまぁ2時間超は長いわ……旦那と娘まるっと要らんかった気がする。
途中でだれるほど長いわけではないけれども、未消化のフックを投げまくるくらいならもっとスッキリできたんじゃないか?惜しいなーって気持ちが強い。
そもそもの相続も裁判も選挙も結局なんも片付かず投げっぱなしで、掘った死体も部下の死体も投げっぱなし。娘ちゃんの発表会なんかまったく挟む余地無いわけで。
 
 
リリーコリンズは可愛いとは思うがお話が重いのでこれで印象に残ることはなさそう。
サイモンペッグは新たな一面を垣間見たのかというとむしろなかったことにしても良さそうというか、本当にキャスティングが謎。キーライムも筋トレもただ冗長なだけのフリだったしほんま意味不明。
あとMr.ノーバディに続いてコニー・ニールセン連チャンで見たので今更ながらちょっと関心もったりしました。
お父さんが亡くなってから家族の秘密がぼろぼろ出てきたよっていう話。サイモン・ペッグの悪役も良いんじゃない?

タイトル(相続、遺産)からなんとなく想像していたものとは少し違ったが面白かった。

そもそもお父さんなんであんな遺言残した?ってのがいまいちわからなかった。
それこそわざわざ残さなければよかったのに。だけどそれじゃ映画にするほどの話じゃないから仕方ないにしろ、父はどうしたかったんだろうな。

秘密も明かされていくうちに、そうでしょう…そうでしょうね…やっぱりキタ!って感じで予想はついても、「もしかして他の展開あるかも」と思わせるから目が離せなかった。
考えようによっては相当の胸糞映画(コメント欄に記す)

英キャッチコピー「秘密は葬ったままにしておけ」は確かにおっしゃる通りだった。

しかし、Inheritance ってタイトルの映画多いね。