おでんくん

滑走路のおでんくんのレビュー・感想・評価

滑走路(2020年製作の映画)
4.1
とても考えさせられる映画です。

序盤から心苦しい描写が多く、中盤からはイジメられていた学級委員長の彼に希望はないものか常に探していた。ラストシーン、キラキラした青春映画とまでは行かないが、甘酸っぱい胸が苦しくなるような展開で心地よい。しかし、その後の彼を知っているストーリー上では、現実を突きつけられた気もして複雑になってしまう。

このような時代、イジメだけが原因ではなく、様々なトラウマを抱えて生きている人がいる。

「泣くだけ泣いたら晴れるよきっと」
彼は母親や彼女や誰かの胸で泣けなかったのだろうか。

過ぎ去っていく時間も、彼にとって乗り越えていく薬にはならなかったのか。想像してもその答えは埋まらない。

しかし、あのラストシーンのような出来事を希望に人は羽ばたいていけるのだとも思う。


この映画で気になった、寄川歌太さんの活躍にこれから注目していきたいと思います。