みっき

滑走路のみっきのレビュー・感想・評価

滑走路(2020年製作の映画)
3.5
泣けるかなと期待した分、ちょっと思ってたのと違う映画だった。
いじめや非正規雇用、女性の社会進出に伴う結婚や出産の問題など、暗い現実的なドラマ、ある意味ドキュメンタリーでもあるかな。
異なる時系列で描かれる3つのストーリーが交錯し、自分なりの着地点を見つけていく過程はとても良かったが、10年以上も心のトラウマとなり続けるいじめ問題については、何とかならんもんかと心が痛んだ。
一番悲しいのは、ことごとく大人が機能していなかったこと。先生でも親でも、捨てたもんじゃない大人は絶対いる。騒いで、皆に力を借りて、この場所から逃げ出そう。人に迷惑をかけたり、逃げ出すことを恥じる必要は皆無!!