メッシ

滑走路のメッシのレビュー・感想・評価

滑走路(2020年製作の映画)
3.3
少年時代いじめで傷を負った男と、当時いじめられた少年の助けになった女のその後の話。

巧みにミスリード?先を読ませない編集術は魅入られた。

どうなっちゃうんだろう?
少年時代のこの子は大人のどの子?
というシンプルな疑問で1時間は魅了された。
こういうミスリードを誘う編集は最近の流行りなのか?嫌いじゃないけど、その分知らぬ間に期待値が上がりすぎて後半登場人物が明らかになった際の不満はあった。

まず命をたった男の理由、描写が無くて本当に中学時代のいじめが原因かハッキリしないままひたすら罪悪感に襲われるもう一人の男が気の毒過ぎる。

通っている病院、先生のインチキくささ、いつまで経っても改善されない精神疾患、幻覚まで見えてもう普通じゃないのに贖罪を求める映画の厳しさについていけない。

あの坂井真紀母の台詞はないだろ〜。どうか幻覚幻聴であって欲しい。かっこつけてああいう台詞を吐かせないで欲しい。辛い人には辛い描写だ。

水川あさみの堕胎、水橋研二への復讐、最後の子供。全て謎すぎる。ちょっとわからない。

編集の妙があっても話の骨子がくたびれてるからなんだかチグハグで集中して見れただけに残念。