くう

劇場版 きのう何食べた?のくうのレビュー・感想・評価

劇場版 きのう何食べた?(2021年製作の映画)
4.1
テレ東で放映されていた連続ドラマの劇場版。

ドラマを見ていなかった人も原作を読んでいない人も、主人公がゲイカップルであるという前知識だけあればついて行ける。一見さんをお断りせず、何者も否定も拒否もしない、この物語そのものを凝縮したような2時間。

むしろ今までこの物語に触れてこなかった方にも観ていただきたい。そして、この劇場版から「何食べ」を好きになってドラマを見たり原作を読んだりしてくれればファンとしてはそんなに喜ばしいことはない。


この劇場版を見て、改めて受け皿の広い世界だと感じた。この作品は声高にLGBTを認めろとか、差別をするなとか、世代間断絶を作ったり、そういった描き方をしない。

否定する人を否定しない。受け入れる人は受け入れる。ただ自然に生きるだけ。

こういう所が大好きだったんだな、と思い出せた。

メシテロ映像とカップルの会話劇の楽しさにウキウキしつつ、性を受け入れられない苦しみ、老いていく親、老けていく中年層、誰と生き誰と死ぬか、あらゆるテーマが詰まっている。改めてすごい作品。