horahuki

マッド・ハウスのhorahukiのレビュー・感想・評価

マッド・ハウス(2019年製作の映画)
3.8
マンション版『ミッドサマー』!

引っ越してきたマンションはカルトの巣窟だった系の洗脳映画。家族に嫌気がさし単身LAで新生活を始めようとしたところで見つけた新居は住民みんなが笑顔で晴れやかなムード。「良いとこ見つけた!」と思ったのも束の間、匿名で自分に対する嫌がらせが始まり…といった内容。

実在のカルトをモデルに作られた本作は、カルトによる洗脳の過程とその各過程における被験者のリアクションを段階を追って描き出す。いかにしてカルトにターゲッティングされるのか。その選定から始まり、洗脳完了に至るまで。

『ミッドサマー』と同様に、ターゲットにされるのは社会における拠り所となるべき関係性を失いかけている者。本作の主人公サラは父親の浮気への嫌悪感のために心の中で「家族」を失いかけている。夢を抱いてやってきたLAでもブラックな環境に馴染めず疲弊気味。そこにカルトはつけ込む。社会との関係性を奪うことで選択肢をなくし「家族」を植え付ける。社会との関係性を持つべきと訴えかける真っ当な落とし所と、至る所に存在する人生の落とし穴の提示も含めて、やってることは『ミッドサマー』とめちゃくちゃ近い。

現代社会は病気で、強欲、ねたみ、不正直、欲望
等々の感情は全て利己的感情から生まれる。最も重要なことは「無私」であることっていうのが一応カルトの思想。improved humanとか何とか言ってたけど、この辺りが実在のカルトと同じなのかな?

ちなみに、このカルトは「家族」の間で秘密はダメ!みたいなこれまた『ミッドサマー』みたいな思想を持ってるんだけど、サラに対して「性的嗜好は?」とか「初体験は?」とかいきなりエロから聞き始めるあたりに胡散臭さが出てた。可愛い子のエロ事情聞きたいだけやん!しかも嘘発見器までつけさせる念の入れよう。こいつら必死やな😂

そんで、とりあえず監禁拷問する時はIK◯Aの椅子はやめときましょうねという教訓映画でもあった😂椅子に縛り付けたは良いけれど、暴れたらすぐぶっ壊れて「fuckin IK◯A」と怒号をあげるカルトさんには笑いしかなかった🤣そういう怒りとか争いのもとになるような感情を生まれなくする…的な思想を掲げたカルトだったような気がするんだけど…。素晴らしいダブルスタンダードやね!「無私」ってすげぇ!笑

あとネコ好きは見ない方が良いです…😱