くう

護られなかった者たちへのくうのレビュー・感想・評価

護られなかった者たちへ(2021年製作の映画)
3.6
観終わって、「つら……」と声が出そう。彼にとってあの言葉は救いになったのかなぁ。

朝ドラを見ている身にとっては複雑な気持ちでしかない。モネは「救わなくては」というトラウマが大きすぎる(いえ、どこもリンクしてません。リンクしたら一大事…)

瀬々敬久監督特有の沈んだ映像があの地が、日本が、今も抱える問題を鬱々と映し出す。

完全な悪人はたぶん居ない、けれど、善人も居ない。「みんな疲れていた」が正解なのだと思うと辛いとしか言えず、外の地に住む私には偉そうなことは言えない。

自分にも余裕がないのに他人に精一杯尽くそうとするのは、たぶん誰でも難しい。

確かに人災だけれど、その一端を誰もが担っているのかも。