憂

君が世界のはじまりの憂のレビュー・感想・評価

君が世界のはじまり(2020年製作の映画)
4.0
君が世界の始まりになってしまうなら、世界を終わらせるのも君で、でも君がいる限りこの世界は続くわけで。人を変えることはいつだって難しいから、まず自分が変わる。いつの間にか君の為に、という気持ちばかりが先行して自分のこと後回しにしちゃうの。でもそれが心地良くて君に捧げてるこころや時間や日常に蔓延る理解し得ない押し付けを、君に会ってる時だけは忘れられる。逃避行みたいだね。私ももう頑張らなくちゃいけないなと思うだけの日々を「がんばれ」の一言でまた違う君の世界が始まる。私の一言でまた誰かの世界が始まるのかもしれない。がんばれ!