みなと

君が世界のはじまりのみなとのレビュー・感想・評価

君が世界のはじまり(2020年製作の映画)
2.9
高校生達の気が狂いそうになる程退屈な日常だったり恋愛だったり家庭環境だったりを描いた青春群像劇映画。

あまり共感できるところがなく、作品に入り込めなかった。ただ「ちゃんと傷つけ」という台詞にはハッとさせられた。

もしかしたら自分達も同じ事をしてしまうかもしれないという暗喩で、息子が父親を殺して逮捕されるシーンを描いていたのが良かった。

終盤の純と伊尾のキスシーンで朝日が入り込むカット綺麗だった。
琴子役の中田青渚の芝居に圧倒された。(特にラストの泣きの芝居)