坂下

君が世界のはじまりの坂下のレビュー・感想・評価

君が世界のはじまり(2020年製作の映画)
3.7
危うくて脆くて一生懸命な青春の物語。

力強いストーリーが!とかではなく、等身大の少年少女が生きようとする様に勇気づけられる作品。
彼らは何が正しいのか知っていて、でもそこに向かう体力も余裕もなくて、ただ間違っていることだけを自覚する。些細で在り来りな苦しさに挟まれて、上手くいかないまま10代が過ぎていく。

健全じゃないかもしれないけど個人的に“分かる”作品だった。

決まった誰かだけではなく、誰でも道を間違えそうになる。危うさと美しさの瀬戸際にいるような感覚がすごく好きだった。「頑張れ」ってセリフが歌に乗って突き刺さってきたのが印象的だった。きっと私も彼らと変わらない幼い人間だった。

私は好みだったし、それなりに満足です。