shinefilm

君が世界のはじまりのshinefilmのレビュー・感想・評価

君が世界のはじまり(2020年製作の映画)
-
はぁ〜、、観て良かった。ファーストカットからこれは好きだ、と確信してラストカットまで掴まれた。ポカリのCMのようないかにもエモそうなポスターに気遅れして公開当時はスルーしてたけど向井康介脚本だしと今になって観たけど、とんでもない。素晴らしかった。ふくだ監督の前作が合わなかっただけに驚いた。思春期の残酷なまでに揺れる機微を、青春の光と影そのもののように照らし隠すライティングと撮影に惚れ惚れ。俳優陣皆良すぎる。たこ焼きむさぼってブン投げる琴子最高やし、令和版「台風クラブ」のような爆発シーンに心がたぎったし、ラストシーンの剥き出しで泣く琴子に思わず笑うし、その後の表情にやられた。ある場面の松本穂香さんの瞳の吸引力にギョッとした。普段なら好みでないような演出すら愛しく思えて乗っかれた。奇しくも佐々木史朗さん最後のプロデュース作品だったということで、独創的な数々の日本映画を届けて下さりありがとうございました。ご冥福をお祈りします。