ケンケン

君が世界のはじまりのケンケンのレビュー・感想・評価

君が世界のはじまり(2020年製作の映画)
4.0
大阪を舞台に今を生きる高校生たちのそれぞれの抱える悩み、恋愛を淡々となおかつ激しく描いている。説明不足なところが多く合う合わないが分かれると思う。関西弁のクオリティも高く演技派な役者が多いため満足できると思う。
この作品がもし標準語で作られていたとしたら、僕は絶対途中で見るのをやめていた。関西人独特の歯に衣着せずはっきりと言うところが新鮮で面白かった。会話の中で必ず一回はボケとツッコミを挟むところなんかも関西人独特な文化だなと感じました。
すごく冷たくてそれでいて熱い青春映画です。