君が世界のはじまりに投稿された感想・評価 - 2ページ目

「君が世界のはじまり」に投稿された感想・評価

おたき

おたきの感想・評価

4.0
ことこかわいい
えんかわいい
なりひらくんかわいい
岡田もなんかかわいい

みんなええ目しとんな〜👁

きがくるいそう!
ま

まの感想・評価

3.8
中田青渚と小室ぺいが圧倒的でした。
何だろう、全体としては映画的なたどたどしさや荒さは感じるのだけど、でも良かった。
はぁ〜、、観て良かった。ファーストカットからこれは好きだ、と確信してラストカットまで掴まれた。ポカリのCMのようないかにもエモそうなポスターに気遅れして公開当時はスルーしてたけど向井康介脚本だしと今になって観たけど、とんでもない。素晴らしかった。ふくだ監督の前作が合わなかっただけに驚いた。思春期の残酷なまでに揺れる機微を、青春の光と影そのもののように照らし隠すライティングと撮影に惚れ惚れ。俳優陣皆良すぎる。たこ焼きむさぼってブン投げる琴子最高やし、令和版「台風クラブ」のような爆発シーンに心がたぎったし、ラストシーンの剥き出しで泣く琴子に思わず笑うし、その後の表情にやられた。ある場面の松本穂香さんの瞳の吸引力にギョッとした。普段なら好みでないような演出すら愛しく思えて乗っかれた。奇しくも佐々木史朗さん最後のプロデュース作品だったということで、独創的な数々の日本映画を届けて下さりありがとうございました。ご冥福をお祈りします。
閉鎖的な田舎で悩みを抱える若者達の群像劇。前半にある少女漫画のような明るい恋愛シーンも交えながら、普通の高校生と見られているが、「気が狂いそう」な世界で生きる現状と事件を起こしてしまう人の内面を思い描きながら葛藤する姿を、美しい光包み包み込むような映画でした。

ラストシーンの美しさと"my name is yours"の意味もすごいよかったなぁ
pei364

pei364の感想・評価

4.0
やっぱり中田青渚最強。ストーリーも良かった。何も解決してないけど解決したようなラストシーンが印象的。
POP

POPの感想・評価

5.0
松本穂香が一体どっちのこと好きなの?という謎に対する答えとラストシーンに意外性はなかった

だけどこの監督は才能があるんじゃないかと思った。相米慎二みたい!台詞なんか意味が通じる程度でいいから生命力のある芝居を撮るという強靭な意志を感じた。
向井康介さんとのコンビでもっと作品が観たいと思った。
「何わろてんねん!世界の始まりかぁ👋🏻」ナイス、ツッコミで終わる映画。
フォローしてる夏帆さんのレビューからのclip!
用意するものはお好み焼きとご飯🍚です。
何処のモールかな?と調べたら宇都宮…おい!関西でもないか〜い👋🏻ブルーハーツの「人にやさしく」を全面に出した本作。けど、しらっとウルフルズの「ええねん」を作中に入れてるのがええねん!な映画で私は好き🎶2022.80
やはり『リンダリンダリンダ』のことが思い浮かぶ。さりげなく切り取られた学内の風景がいい。
あの頃の年代に感じるやり場のなさ、希望と不安のないまぜになった不安定な感情が映像にうまく定着できている。
閉店後のショッピングモールの狂乱、ちょっと無理かもしれないがありがちな映像表現。しかしながらそんな場面にはトイレットペーパーは必須だね。
でも、今でもブルーハーツは今の若い人たちにも刺さるのかね。
良さげな出演者と面白そうな設定の割に全体的には散漫な印象。
最近の世代にもブルーハーツって訴えかけるものってあるのかな?
たく

たくの感想・評価

3.5
冒頭からカメラ結構ブレブレで大丈夫かなあ、、と思ってから、学校のあるあるのようなのは良いにしても、なんか描き方が学生映画的な下手さに満ち溢れてるなー、、と思ってしまった。

ブルーハーツにいくくだりも、人にやさしくからキスしてほしいってことはスーパーベスト聴いたんかな。YouTubeだと関係ないんかな。まあええけども。
そんな感じの撮りたい絵のアイデアをつないでお話作りましたな感じ、、

キャラクターたちが抱えてるのも割と分かりやすいものがおおい。いろいろ経験して大人になってしまったから、俯瞰して見えてるけど、高校のときって小さいことも大きいんよなあ。
ブルーハーツ、そんなに知られてないけどな、今の年代の高校の子らには。
私は『星をください』で泣いたけどな。なんか、もっとマイナーな選曲でも良かった気もする。

逆光のとこも、ありきたりすぎて、しらけてしまいました。
この映画が思春期の葛藤をうまく描けてるかって言われると、、うーーーーん、わかりません!もう思春期終えてしまったからかな。
映画的な、格好良さみたいのはあまり受け取れなかった。

明け方のシーンも、あの感覚わかるし、ほんとは泣けるシーンになってもいいのに、元々の絵の強さがあんまりないシーンが多かったので、昇った太陽もあまり感動的に映らんかった、、。

中田青渚さん、これからもっといろんなのに出てきそうな感じしますね。

あなたにおすすめの記事