saito

マグノリアのsaitoのネタバレレビュー・内容・結末

マグノリア(1999年製作の映画)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

勉強なったmovie
ちゃんと、海外のサイトで、英語だけども文読んだ方がいいな
日本の適当なこと書きすぎだわ

フィリップシーモアホフマンよかっなぁ。
ああいう優しい人、いるよなぁ。
微表情の表現がすばらしかったです
ダウトのときは本当に気持ち悪かったけど。

あとはトムクルーズ。げすい一人語りから、インタビューされてイライラ、父親の前で憎しみに泣き、少年のようになる

お腹いっぱいです。

カエルはぐろかった。父親たちのしたこと、私はそんな簡単に許せない。カエルが降ってきて、こんなこともあるよな。ってのは割とすんなり入るけど、、
それで、憎しみは小さくなるだろうか。。
だから、あまり好きではない。

しかし、3時間越えをこれだけグイグイ引き込んでもってく作りはすごい
群像の見せ方、音楽の使い方がうまい