カーズ2の作品情報・感想・評価

カーズ22011年製作の映画)

CARS 2

上映日:2011年07月30日

製作国:

上映時間:113分

3.4

あらすじ

「カーズ2」に投稿された感想・評価

かまど

かまどの感想・評価

4.0
メーターのスピンオフ的な感じ
ayako

ayakoの感想・評価

3.0
ながら見でも内容がわかる!
shiori

shioriの感想・評価

3.5
メーター大活躍
655321

655321の感想・評価

3.0
『ファインディング・ドリー』とよく似ていて、どうしても比べてしまう。
前作のサイドキック的な存在であったメーターが主人公である点や、どうにもならない欠陥を抱え苦しむ姿がよく似ている。
そして「君のままでいい」と言ってくれる友の尊さ。
痛みを大切にする気持ち。
それらはやっぱりジョン・ラセターの訴えるところであって。

…なんとも歯切れが悪くなってしまうのは、手放しでメーターを良しとすることに居心地が悪くなってしまうから。

メーターは、マックィーンの事が大好きだから、デートにまで割り込んできてしまう。
それはいい。それは分かるんだ。
相手への想いかた、みたいな距離感を上手く掴めないのがメーターだから。この危うさは魅力だ。
でもこの物語で一番の失敗と言えるメーターの失態はそういった類のものではない。
愛そうとしたが故の暴走じゃない。
それはメーター以外のキャラにも当てはまる。
マックィーンが絶体絶命のピンチを免れることが出来たのは、とあるキャラが信頼を裏切ったから。マックィーンは信頼を武器に走ろうとしたのに、その回答はあんまりにも酷いと思う。
そもそも、マックィーンがメーターの話を信頼しなかったために黒幕をすぐに見つけられなかったというストーリーと矛盾している描写だ。

相手の想いを汲むのは難しい。
それでも“誰かを愛そうとした暴走”と“自分を愛する視野狭窄”は似て非なるものだと思うんだよなあ。
rio

rioの感想・評価

1.5
2017.7.16地上波
sakura

sakuraの感想・評価

3.4
2019.08.14

メーター好きとしては、メーターの活躍が観れてうれしい作品。

急にスパイ映画になってたけど、これはこれで嫌いじゃない。
ちくわ

ちくわの感想・評価

3.2
問題児が自分で広げた風呂敷を、自分で勝手に畳む物語。
途中の押し問答はアンジャッシュのコントを想像させるほどのもの。

車はかっこいいし、ディズニーも好きです。
>|