MikuOshika

カポネのMikuOshikaのレビュー・感想・評価

カポネ(2020年製作の映画)
3.2
アルカポネの晩年を描いた伝記。
トム・ハーディの迫真すぎる怪演が見事なまでに素晴らしい。
かつては権力からなにまでも
己のものにしてきたアルカポネ。
認知症や幻覚、病で落ちぶれていく姿
何より近くにいたファミリーや奥さんが
辛かっただろうな。
ただ幻覚と現実の入り混じるターンが
あまりにも多く
なにが行われているのか困惑します笑
ストーリーは伝記という事もあり
まぁまずまずとして
トム・ハーディに釘付けになる。