Tommy

カポネのTommyのレビュー・感想・評価

カポネ(2020年製作の映画)
2.8
ギャングの帝王の意外な最期。梅毒と幽閉生活,認知症で精神を病み現実と幻想を彷徨う愚かで哀れな姿。消える記憶と消えず騒ぎ出すギャングの血。まるで人間性が失われていく彼に取り憑いているかのようだった。メイクや鬼気迫るT.ハーディ劇場は凄いが結局何が言いたいのか分からず不完全燃焼