gemi

カポネのgemiのレビュー・感想・評価

カポネ(2020年製作の映画)
4.0
こちらも劇場で。カポネと言えばやはり暗黒街のギャングスター、アル・カポネ。噂はちらほら聞いている。もちろん過去の映画等で。男ならその魅力に崇める人もいるだろう。

そんな裏世界の恐怖の象徴だった彼が、今は服役を終えて余生を送っている。そんなカポネの老いがコミカル且つ切ない。どちらかというとコミカルな方が大きい。医者に葉巻を止められて人参を加える姿。滑稽すぎる。しかし周りの仲間や家族、医者、FBI、親友らの関心は、彼が隠したとされる大金だ。しかし当の彼は精神病か認知症か、壊れつつあるのだった。そしてそれは本当に病気なのか、それとも彼お得意演技で騙されているのか。ハラハラしながら物語は進む。面白かった。好きな作品。主演のトム・ハーディも巧い。

ー壊れているのは、世界か、俺かー