ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれからの作品情報・感想・評価・動画配信

「ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから」に投稿された感想・評価

MOON

MOONの感想・評価

3.5
痒いところに手が届かない感じがした。
カリン

カリンの感想・評価

3.8
もっかい観たい。
ネトフリオリジナルムービー侮れない。
あぶ

あぶの感想・評価

4.0
車窓からの日差しがきれい
優しい映画だった

ソーセージタコスも、
ルーローソーセージタコスも、
ヤクルトを飲みながら食べたい。


#71
Mayuko

Mayukoの感想・評価

-
田舎の学校で、なにか事件があるわけでもないのに、ひきよせられてあっという間だった。
学芸会のギター自作曲、色々重なって美しくてうるうるした。2番も作って長めにしてSpotifyに流してほしい毎日聴く。
Kogarath

Kogarathの感想・評価

4.4
まるで現代のシラノ・ド・ベルジュラック、と思わずにはいられないラブレター代筆から始まる三角関係。

LGBT、人種問題、キリスト教…といった近年のアメリカ映画で扱われることが多い要素も入れつつ、それらはあくまでも背景として自然に溶け込んでいる。とても普遍的な青春映画だと感じた。数々の引用や小道具なんかにも目配せが行き届いてる感じは、ソフトエンジニア出身だという監督のキャリアも影響してたりするのかな。

前半はいかにもティーンの恋愛映画のような風体だけど、次第にその恋の顛末がどうでもいいくらい、彼らの成長物語としての側面が強くなってくる。
だからこそ最後の旅立ちが眩しい。劇中のあるシーンが布石になっているラストのポールの言動も最高に笑えるし、最高に泣ける。すっかりこの3人のことが大好きになっていた。

エリーがアスターに誘われて秘密の場所に行くシークエンスがとても素敵。
Sharon Van Ettenの"Seventeen"がかかるのがまた良い(歌詞も完全にリンクしてる)。
他にもグッとくるカットが多く、特に道路の使い方が上手かったな。

まさに、面白いのはこれから。
素晴らしい青春映画だった。
粗茶屋

粗茶屋の感想・評価

4.0
仏頂面で文芸オタクの主人公が他人になりすまし綴る恋文はいつの間にか、今よりもっと自分らしく生きるための“気付き”とかけがえのない“友情”を紡いでいく…。

プラトンによる対話篇『饗宴』より引用される愛の教説も良かった☺︎

“The Half of It(片割れ)”ってタイトルが良い。

とにかく作品の魅力は主演リー・ルイスの声、そしてダニエルの無邪気な表情、アレクシスの物憂げな雰囲気…最高のキャスティングでした。

女性監督にしか作れない作品だとも思った。
こういう生暖かい空気感にずっと浸ってたい〜。(生暖かいがどういうものか説明できひんけど伝われ!)
U

Uの感想・評価

3.3
相手を思いやる心に癒された
>|