kyohei

オールド・ガードのkyoheiのレビュー・感想・評価

オールド・ガード(2020年製作の映画)
4.0
マッドマックス、アトミックブロンド、ワイルドスピード、スキャンダルと、どんな映画でも活躍するシャーリーズ・セロンの作品などでみてみました。

不死身なトラブルバスター軍団の特殊部隊のオールド・ガードの四人組のボスがシャーリーズ・セロン演じるアンディ…
不死身の能力に目をつけた、悪徳大企業との攻防と新たに不死身な能力に目覚めた新人の女性のナイルとアンディの師弟関係が描かれていく。

以外な人物が裏切るのは予想外だったし、最初はアンディに守られいたナイルが、最後はアンディを守る為に戦う展開はなんかいいなぁと思いました。
(ターミネーターニューフェイト感がありましたね…)
不死身の身体を使って、そして前シーンのある合図で敵のボスをやっつけるのには、テンションがあがりましたね…

そして、オマケで実は生きていたあの人登場で一気になんかB級映画感が増して好感度がアップしましたよ。

今日 私が助けたあなたは、明日別の誰かを救う 人は孤独じゃない…薬局のお姉さん
以外とNetflixだとなんて言ったかすぐ確認できるからいいかも(  ̄▽ ̄)
それとない脇役の人に物語の本質をさらりと言わせているのがなんか良かった。

死に方は選べなくても生き方は選べる!