ただ悪より救いたまえに投稿された感想・評価 - 2ページ目

「ただ悪より救いたまえ」に投稿された感想・評価

tonnt

tonntの感想・評価

3.2
ある意味ハードボイルド!結構すきな感じ。

アクション 今だとジョン・ウィック的なとこもあり香港ルノワール的な感じもあった気もして。

子守りら最後まできっちりやってほしかった。
どうせならトップまで全部。

バンコク画像黄色すぎなとこだけちょっと。
ヴィランに堕ちたイ・ジョンジェを拝むための映画

バンコクで拉致られた女の子を救うために殺し屋ファンジョンミンが最後の仕事へと身を置く。前回の仕事で殺した標的の弟イ・ジャンジェも追いかけてきては三つ巴のトムヤムクンが炸裂する殺し屋アクション!

足を洗ったはずのファンジョンミンが巻き込まれては困り果てるのは平常運転だけど「イカゲーム」でダメだけど憎めないキャラクターを演じたイ・ジャンジェが180度キャラを変えた完全なる悪役でそこはすごく新鮮

バンコクで繰り広げられる殺し合いはそれなりに見応えがある。特にトゥクトゥクに乗っての銃撃チェイスは新鮮味があるしワンカットファンジョンミンvsイ・ジャンジェも見応えある
ちょっと2人のアクションがモッサリ気味だからそこは惜しいけど見れる作品

数ある韓国映画の中では凡作な作品ではあるがイカゲームでイ・ジャンジェの虜になってしまった人にはオススメ
タイトルからもうちょい落ち着いたシリアス系かなと思ったけど意外とドンパチでキャラクター作りすぎで漫画的だった、昔の鳥肌実みたいで良かったけど。
ストーリーも直線的で普通、この俳優2人が好きなら楽しめるかも。
ジョセ

ジョセの感想・評価

3.7
予告のイメージとは少し違かったけどノワール強めの96時間って感じで最高でした
主演の二人がえげつなくかっこいい
ベタな『捜索者』型映画だし、ゴアもアクションも高水準なものの既視感あり。
特色は殺し屋イ・ジョンジェのキャラ。これは収穫。

舞台がバンコクになった瞬間に画調が真っ黄色になるのはやりすぎ。
tanzi

tanziの感想・評価

4.0
GUCCIに身を固めたイジョンジェのビジュアルと狂犬ぶり、トゥクトゥクでマシンガンぶっ放すとか最高すぎて笑いが止まらない。

ファンジョンミンの手榴弾の扱いも痺れたし理由なんか忘れた男と最後に生きる意味のできた男の殺し合いにずっとニコニコしてしまったのことよ。

パクジョンミンがこれまた良くてねぇ。

何よりホンギョンピョの撮影が素晴らしい!
思わずフィルモグラフィ調べたら
コクソン パラサイト 母なる証明 スノーピアサーですよ。クリストファードイルの下でやってたそう。
今度の『流浪の月』もカメラ回してるのね一気に興味が湧いた。
tharumi

tharumiの感想・評価

3.0
待ち遠しくてたまらなかった
悪いイジョンジェをもうとにかく楽しみにしていた

しすぎていたのかもしれない…

スローになったり速くなったりするところで
なぜか冷めてしまった…
『哀しき獣』のどろっどろの生々しい感じの方が
しつこさと血なまぐささを感じた

どう接したらよいのかわからなかったはずの
ファンジョンミンの女の子への接し方が
わりと慣れている感じがしたり、

ふたりの狂気を感じるまでには、はまれなかった。
残念過ぎる…

また時間がたって観たらまた違うかもしれない。


でも、イジョンジェかっこよかったし、
パクジョンミンかわいかった。
肉浪費

肉浪費の感想・評価

4.3
またもや日本&俳優から始まるワールドワイドbyコリアシリーズここにも開幕!(主バンコク)
韓国の2大スターが殺し屋として1つの依頼と縁者の殺しで交差するマーダー・ドンパチ・アクション!!

悪役も演じてはきたが血も涙もないハード・ファン・ジョンミンはかなりの新鮮さ!(イ・ジョンジェもキてるぜぇフー!)

てか、考えてみれば『チェイサー』、『哀しき獣』のナ・ホンジン監督印の脚本家のホン・ウォンチャン監督だから面白くないはずないって!w
調べれば映画に行けなかった時期の公開だったらしくて地元の方でやる予定だったかも認知してないのが悔やまれるけども…orz

先にNETFLIX『夜叉』を観てしまって、あちらはチーム作戦&凸凹思想コンビの活躍エンターテインメントで、日本舞台なまたか…&エンタメ濃度が薄れる不安があるやも知れませんが、『新しき世界』以来のファン・ジョンミン ✖ イ・ジョンジェ の共演ですよ!?
しかも!上記のナ・ホンジン監督作の"ブレイン"といえる脚本家の監督作なんですからそのホンジン2名作に引けを取らない
「主人公奔走(疾走)シリーズ」といえる"監督(脚本家)色"が色濃く出ています!

話の内容をざっくり例えると、『ターミーネーター2』のT-1000(ロボットでもなんでもないよw)が追う標的も同レベルの"殺しのプロ"で、隠し子を探して海外に飛んでいたら?
という設定で、W主演といえるW殺し屋の「探しものムービー」で、それを成し遂げる為の障害物は"皆殺し"の「お仕事ムービー」でもあるんですよw いや、2人が暴れたらそこは瓦礫と化す「台風(ディザスター)ムービー」でもあるかな?(笑)
だから両者共に"目的"の為なら手段を選ばない一貫した"指向性ベクトル"がハッキリしているので、そこに人間ドラマありきの"葛藤"や"迷い"が絡んで来ないので
"キモティイイイイ〜ムービー"に成り得ています!
これほどスタイリッシュかと言われればそこは"韓国の味"とはいえる『ジョン・ウィック』✖2の殺しは殺しだけど、"目的の為の殺し"と"殺しが目的"の"ニ視点"で倍楽しめる破天荒アクションと言えるんじゃないでしょうかw

『孤狼の血 LEVEL2』の鈴木亮平さん演じる上林と被るんですよ!イ・ジョンジェ(『イカゲーム』)さんのサイコ・プロキラーが(笑)
いかにもヒョロッとしていながらも引き締まった体躯でタトゥーをポイント的に散らした"絵に描いたようなコミック・クレイジーキャラ"していて、もはや"王道"な楽しさがありますw

この映画、アクションと火薬量の派手さに注目されがちですが、映像面でも"ライティング"や"画面構図"に拘りを感じるんですよね。
そういった面では個人的にNetflix『楽園の夜』も高評価を下しましたが、この映画も日本とタイ・バンコクで"全く違ったタッチの映像"をお届けしているんです。
日本では、やはり規則正しい中にも冷やっとした鋭利を感じる"キタノブルー"を意識した低温色の映像で、光りのあて方で顔の陰影を強調的に映している印象を与えます。打って変わってバンコクは、"亜熱帯"を象徴づけるような南米ほどではない黃・茶ばみのカラーリングが主で全く違う"国風の違い"を表現できてます。
特にバンコクは過剰に酷く表現されてるんじゃないかってほどに"幼子誘拐"と"人身売買"を核にした結構"ハード"な主軸なんです…
そういう少年少女が悲惨な目にあう話が不得意な方はお気をつけください…

また予告では存在しないかのように扱われる"目的の娘"がほとんど台詞なしで『アジョシ』のような守護ヒロイックストーリーと対局なキャラクターですが、その"待ちの姿勢"の素朴さが涙を誘うんですよ…(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
HidekiAndo

HidekiAndoの感想・評価

4.0
こうなることは 分かってただろ?

なーるーほーどーですね!
ファン・ジョンミン、日本にいたんですね!
最初にインナムの事が終わって立ち去る時、住所が見えたんですが、東雪谷でした🤣。
高円寺の商店街も歩けば、京急線も見えましたし、居酒屋のシーンは江戸川橋と何かで読みました。さらに詳しく書かれたブログを見たら、中野でも撮影してたとの事で、近所で行われてたのかと思うと、何だか嬉しいです。

話はだいぶ逸れましたが🤣、展開は王道の【子供を絡めた韓国バイオレンス】で、観ててワクワクします。
寡黙で強い男を演じたら、やはりファン・ジョンミンは安定感あります!
イ・ジョンジェもイカれたキャラクターをしっかり演じてました。ノッてますね!
首だけに刺青入れてるのは、だいぶ不自然でしたが🤣。

展開に捻りもありませんが、満足度、納得度の高い、良い作品でした👏!【韓国バイオレンスで何か面白いのない?】と聞かれた時にも、今作品は充分に推せるクオリティです!

豊原 功補も頑張ってましたが、やはり白竜のインパクトには負けますね🤣。
韓国映画お得意の悪同士の殺し合いをタイのバンコクに持ち込んだ作品でした。
今やしっかりと確立された韓国ノワール的なのもをこの先東南アジアにも展開していける可能性があるかどうか試してる感じもしました。
相性は良いんじゃないかと思います。

やってることはまんま韓国ノワールなんですが、舞台が変わるだけで当然ですが風土が醸し出す空気まで変わるのが面白いですよね。
より暴力的な世界がむき出しな感じでした。
あととにかく熱そうで、韓国が舞台の時よりも妙ね解放感があります。

それとファン・ジョンミンのちょっと浅黒い肌や顔つきがバンコクになかなかマッチしていて、良いキャスティングだと思います。

車に轢かれそうになるのを、あんな攻防一体のアクションで切り抜けて反撃に転じるところは痺れましたね。

バイオレンスに関しては直接的な描写はほとんど見せないので韓国ノワールとしてはぬるいですが、これも配信などでグローバルに観られることを意識したものかなと思いました。
あ、でも手榴弾が景気良くポンポン爆発するのは、最近珍しい気がして楽しかったです。

あなたにおすすめの記事