アントキノイノチの作品情報・感想・評価

「アントキノイノチ」に投稿された感想・評価

本作では「遺品整理業」という「遺族の代わりに故人の遺品整理を代行する仕事」が描かれる。
「孤独死」などの理由で逝去した人が生活していた空間は生活感を残したまま存在する。
遺品整理業者は、そうした「生と死の境界線となる空間」に入り込み、遺品を整理するのが仕事である。

杏平(岡田将生)とゆき(榮倉奈々)は、それぞれ友人の命や妊娠した子供の命を失った自責の念から心に深い傷を抱えている。
そんな二人が遺品整理業者として共に働き、「生きている自分は何なのか」を考えながら生きていく。
二人は「あの時の命が繋がって出会えた」と語り合うが、ゆきが自らの命を落として助けた女の子へと命が繋がっていくあたりは、杏平には残酷だが子供の未来へ命が繋がる希望との二面性を持った展開である。
過去の命(=死)→現在の命→未来の命という命のバトンタッチによって「命とは」を深く考えさせられる作品となっている。

ゆきは「高い所は苦手」と言いながら杏平と観覧車に乗り、過去にレイプされて妊娠し流産したという辛過ぎる事実を杏平に告げる。
観覧車の中という閉所且つ高所という閉塞感たっぷりの空間で告白された杏平は観覧車の小窓を開けて叫ぶが、この場面を映画館という閉塞空間で観ている私も「この閉塞感を抜け出したい」という気持ちになり杏平の叫びによって解放されるという不思議な感覚を体験した。
この場面は瀬々監督によって観客も映像空間に引き込まれた瞬間であって、観客は監督の力技に屈服するしかない。

「人間、憶えるより忘れる方が難しいものよ」とは寅さんの言葉だが、3・11以降、人々は辛い記憶を共有しながら生きていくこととなった。

本作で「ちゃんと生きたい」というゆきのセリフは現代人の気持ちを代弁している。

こうした劇中人物の閉塞感と現代社会の閉塞感の重ね合わせにより、本作はイノチと向き合う機会を私達に与えているのだ。
杏平背負っちゃってるのはわかるけどずいぶん安っぽい仕上がりで

9.21を迎えると毎年罪悪感を感じる また一つ年重ねたわあ、と
笑ってたかったけど今年も叶わなかったわ
希死念慮ってのは厨二病だと思うんだけどサイクルがどうも短くなっちゃってない?

さだまさし、、これは2007年時代の携帯小説そのものだよ、、
s

sの感想・評価

3.0
動画
・余命1ヶ月の花嫁よりは好き
・冒頭いきなり岡田将生が全裸で屋根に座っててびびるwお尻痛そうw
・アントニオ猪木…w
にこ

にこの感想・評価

3.2
穏やか

内容は物足りないペラペラ


生きるために、未来を見つけた、しんだ。

最後に笑いながら、元気ですかー
ファ

ファの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます



あなたが使っていたモノから、あなたが日々触れていた動きやその温度を思い出します。
あなたの声がきこえる機械に温かさはないけど、あなたの声がきこえるだけで、その機械は特別なモノになって、あの日の話やあなたの表情を思い出します。

わたしはあなたに去られたことだけを覚えていたり、去られたことも忘れていたりします。
けれど、去ったあなたのほうが、わたしに関わろうとしていたり、まだどこかで繋がろうと縋っていたことを、あなたが居なくなったあとに知ります。
そこに在ったモノたちは、わたしよりあなたを知っています。
わたしはそれらのことに、悔しくなったり悲しくなったり、どこか愛しくなったりもします。

わたしの代わりにあなたを知っているモノたちを引き取ることは、居なくなったあなたを知る1つの方法でもあります。

あなたのそばに居られなかった時間は、
空白ではありません。
痕が遺るほど、毎日すり減らして
ずっとあなたを想っていました。
この痕が消えたとき、きっとあなたも消えてしまう気がするので怖くなってしまいます。だから痕が消えない今、怖いものはなにひとつないです。

毎日朝ごはんを食べたり、喧嘩したり、笑ったり、あなたがどこにいてもそうして元気でいてくれますように。

追伸 視界が揺れるような画が、人間の歪みやぎこちなさのようで、わたしはこの物語に関わりつづけることができました。
arataki

aratakiの感想・評価

2.4
「余命一ヵ月の花嫁」の製作スタッフということで随所に同じようなシーンが、、またしても榮倉奈々だし、、

あとは海辺のシーンとかね。きっとあのシチュエーションが好きなんだろうな~って。どこかひねくれて観てしまった。

個人的には「遺品整理」の設定に惹かれて観たんだけれど、リアリティは薄め。
実際にはもっとちゃんとしたマスク(作業用)をつけなくては中に入ることさえできないという。

ただどんなことがあっても私たちは「これからを生きていかなければいけない」というメッセージは伝わったと。


榮倉奈々と岡田将生の髪型が似すぎて後ろ姿だとパッと見どっちか分からないという事案は私だけ?かな。笑
ひでG

ひでGの感想・評価

3.3
惜しい〜
狙ってることや設定も決して悪くない。
誠実な映画だとは思う。

だから余計に、惜しいな、って思う。
もう少し何とかならなかったかなって。

過去に負った深い傷からまだ立ち直れないでいる岡田将生と榮倉奈々。

二人が働いているのが遺品整理をしている会社。
そこのキャップをしている原田泰造がいい!
変に説教ぶったり、寡黙過ぎたりしないリアルな仕事人という感じがよく出ていた。

遺品整理を通して、二人が自分の苦しみを克服していく姿を描いていくのだが、

挿入されている岡田将生のエピソードが頂けない。

岡田将生は吃音で思ったことを口に出せない。彼はその劣等感からか集団から疎外されている。
同じようにいじめの対象になっている染谷将太の事件がまず紹介されるのだが、
このエピソードがどうもうまくないので、観客の岡田将生へのシンパシーが広がっていかない。

また榮倉奈々のエピソードは、彼女の独白
それはそれでいいのだが、榮倉奈々の演技も頑張っているけど、やや硬いかな。

それから、肝心の遺品整理の仕事。
もちろん、大切な仕事だし、死者との思い出ということではドラマにしやすいテーマだが、檀れいや柄本明らを遺族で使うんだけど、例えば、「おくりびと」のそれと比べても、「うむ、、うまくいってない、」

例えば、それまで淡々と整理していた岡田将生がなぜ、檀れいのケースであんなに食い下がったか、どの場面で、彼が成長していったかがはっきりしない。

でも、本作の成功しなかった部分も肯定的に受け止めてあげたい。

死を通して生を、イノチを考えるというテーマはとても大切だと思うから。
まゆ

まゆの感想・評価

1.5
よくわかんない。
つらい。
aoi

aoiの感想・評価

-
記録。
>|