ひらり

哀愁しんでれらのひらりのレビュー・感想・評価

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)
4.3
出会いの幸福感はなんだったのだろうか
結婚によって思わぬ方向へ転がってく事態。高台にある豪邸、扉の向こうの謎の部屋、愛と狂気にゾクゾクし作品に引き込まれていた。

親になることとなろうとすることは違う
児相と現実の対比。思い描いていた理想と願望が壊れていった先…
そんなことはしないでと思っていた展開に。伏線回収されていた。

ヒカリ演じたCoCoの眼差し、あ~もういい加減にして!あなたのお母さんはやめました!と言う気持ちに共感してしまうほどイライラさせられた。見事!
小春、大悟の狂った演技も見事だった。