やも

哀愁しんでれらのやものレビュー・感想・評価

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)
3.6
【2021年新作鑑賞⓪④】
友人と鑑賞。


観てから時間が経ってるので
サクッと軽く感想を書きます。

序盤のコメディタッチから
一転して転げ落ちて行く落差は
見応えがあったように思います。

個人的には予想していた結末とは
違った展開で楽しく鑑賞できました。

何度も断った後、満を持した
土屋太鳳の演技は良かったです。

狂ったのか狂わされたのか
事件内容はあれ?ってなりましたが
家庭内の問題という意味合いでは
現実にも十分有り得るのかなと。