wj

哀愁しんでれらのwjのレビュー・感想・評価

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)
4.1
今まで観た映画の中でもトップレベルに怖かった。
最後のシーンはゾッとして鳥肌が立つ程。

前半はいわゆるシンデレラストーリーが進んでいき、中盤から不穏な雰囲気が流れ出していく。序盤で不幸のどん底に落ちていく様を描く事でより主人公に感情移入しやすくなっていた。
婚姻届を出して公園で踊る場面は空が黒い雲で覆われていてその後の展開を示唆していた気がした。

親の育て方や愛情が子供の成長に影響を与えるのはもちろんだが、子供が親へ与える影響も多大である。結局は子供を正当化し信じる真っ直ぐな気持ちが良くもあり悪くもあるのかもしれない。

この映画にあるような事件は現実にも有り得るからこそ怖い。リアリティを感じる。親のあり方を考えさせられる映画だった。