ひま

哀愁しんでれらのひまのレビュー・感想・評価

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)
4.2
現実と自分の中でのこうありたいという姿とのギャップに追い詰められる。後者は刷り込みとか環境とかによるものが大きいし普遍的。
御伽噺的な舞台と演出、元来胡散臭い雰囲気のある田中圭、もはや演技なのか分からん子役、はちゃめちゃな演技力の土屋太鳳がすごく噛み合ってて荒唐無稽ながら説得力はなかなかにあった。