げんげん

哀愁しんでれらのげんげんのレビュー・感想・評価

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)
2.8
祖父は倒れ、父親は逮捕、家は燃えて職場ではクレーム、彼氏は寝取られるという修羅場を1日で体験した主人公はある日、子持ちで金持ちの医者と出会い結婚。いきなりシンデレラのような日々を迎えるが、次第に感じる家族の違和感…

役者はみんな頑張っているので決して駄作ではありませんが、ストーリーがイマイチでしたね。『エスター』のようなサスペンススリラーにも、邦画『告白』のようなブラックコメディにも振れずにどうにも中途半端な感覚でした。

『エスター』のように主人公の軸がブレないと応援しがいもあるのですが、この映画は主人公も馬鹿なので(狙って作っていますが)、単純にイライラします。

実は真実は違うのでは?という解釈もできますがいかんせん、それを匂わせる描写が下手と思います。

2021年92本目