yuri

哀愁しんでれらのyuriのネタバレレビュー・内容・結末

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)
3.7

このレビューはネタバレを含みます

終始、静かに心がざわつく感じ…
土屋太鳳と、田中圭が清純派なイメージだったからこそ、違和感を増幅させていた気がする
ヒカリちゃん、新しいお母さんを試そうと幼児退行してしまうの理解はできなくないけど、分かりやすく度が過ぎていて逆に笑ってしまった
自分の子供の言うことが正しいと信じて疑わなかったり、信じたいものも信じられなくってどんどんと疑心暗鬼になったり、
多少なりとも誰かの思いに当てはまる部分がある気がする
みんながみんな、愛を欲していて、与えなければいけないと思っているからこそ、段々と歯車が狂い始め、エスカレートしていく過程が面白かった

なんか衝撃的すぎて、変な余韻がすごかった