たかな

哀愁しんでれらのたかなのレビュー・感想・評価

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)
2.7
良識しんでくわ。胸糞オン胸糞で胸糞の山盛りです。
それでも電車に轢かれて人が死ぬ所を絶対に見たくないようでちょっと見たい心のように、忌み嫌いながらもついつい観てしまう作品。

階段を駆け上がるがごとくのシンデレラストーリーが一変、徐々に壊れて転がり堕ちていく様がいやーな感じで良いです。
田中圭の柔らかな口調ながらも、台詞の端々に嫌われる要素が見え隠れし始める辺りの不穏さが特に。

ひかりちゃんの純粋無垢な悪の演技も良し。
狂気に飲み込まれていく土屋太鳳の演技も良しです。