Kei

哀愁しんでれらのKeiのレビュー・感想・評価

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)
3.7
だいごの母親の「母親になること」と「母親であること」は違うって言ってたけどそれがある意味全てを物語っていて、ある意味警告であったのかもしれない。

でも当事者にならないと分からないこともあるわけでそこが難しい。

とあるシーンを皮切りに小春が段々と狂気に転じていく姿はある意味この家族で理想の母親を演じることを覚悟を決めて割り切ったものかもしれない。

家族としても一個人としても欠陥のある人間だけで構成された周りの見えていない共同体。

ラストの方はある意味悪の教典みたいな展開でサイコに満ち溢れた異常なファミリー👨‍👩‍👧