きゅう

哀愁しんでれらのきゅうのレビュー・感想・評価

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)
3.5
求めるものが多すぎると破滅する
自らの理想像が重荷になってしまう。

親?家族?幸せって何?
他人と暮らして、人を産み、育てる。
当たり前なことのようだけど変な感じ。

後半から監督変わったのかなってくらい映像に力入れてて驚いた。引き込まれました。
全体的に説明過多な感じは否めないけど

土屋太鳳よかった。
綺麗で変な存在感だった。
あと子役が不自然なくらい上手い。
不気味で合っていた。

ラストの金子みすゞ、良かった。