超空間コベ

国産洋画劇場「船と氷山」の超空間コベのレビュー・感想・評価

国産洋画劇場「船と氷山」(2018年製作の映画)
4.0
今回もクオリティ高し!(笑)
元ネタ観てると、より楽しめる。
『六城』に続き、著作権問題を
いなす音楽が素晴らしい。♪

主人公の名前が“土村 雀”
ヒロインの名前が“薔薇子”
屋形船…あ、いや、
豪華客船の名前が“大谷丸”

一等客室?ザコ寝スペース?
屏風で仕切られとるだけやし!
ていうか、屋形船一隻に
乗務員あんなに要らんやろ(笑)

あの狭い屋形船の中を
逃避行する二人。
「船中探し回ったんですが…」
「手分けして探すんだ!」

そして…
異常気象で出現した氷山!!
ペギラでも来たのか☆(笑)

沈みゆく船内で演奏を続ける
和楽団。
何だあの尺八虚無僧。

すぐそこに陸地が見える港内で
救助がなかなか来ずに
凍死して沈んでいく秋山…。
愛と涙の感動大作でした!♪