kirito

国産洋画劇場「六城」のkiritoのレビュー・感想・評価

国産洋画劇場「六城」(2018年製作の映画)
3.5
【板橋の種馬】

だから淀川長治似のおじさん誰やねんwww
「それではまたのちほど」じゃないわwww

国産洋画劇場。今作は「ロッキー」のパロディ映画。六城と書いてROKUKIの話。

ボクシングではなく相撲にエイドリアンは「えんどう」にトレース。

生卵の一気飲みは生卵漬けのすき焼きへ、
凍った肉へのボクシングは凍ったマグロへの突っ張りに、
人に応援されながらのランニング、階段上での万歳…これでもかという名シーンをしっかりトレースしているところに満足度が高い。

エイドリアン…もとい遠藤のために戦った六城の最後の「遠藤さん」で文字数を一致させるという点には脱帽した。

とりあえず笑える。
秋山恐ろしい。

2020.5.23