lemmon

They Made Me a Criminal(原題)のlemmonのレビュー・感想・評価

They Made Me a Criminal(原題)(1939年製作の映画)
3.9
自分は好きです。
ガーフィールドのやんちゃっぷりと愛嬌ある表情を観ているとなぜか許せてしまう。


褒められたやつじゃない。自身は悪くないが、これまでの行いが仇となってか、運悪く逃亡生活を送る羽目になった世界チャンピオンが主人公。行き着いた先は農場を営む少年たちの更生施設。やんちゃな悪ガキどもに施設のお母さんと美女。皆を幸せにしたいと賞金稼ぎのためプロボクサーとのイベントマッチに参加するが。


下手にハートウォーミング過ぎたら多分苦手だった。同情の余地なしのアホな悪ガキ共だか、唯一の救いは主人公との信頼関係。そこだけ。でも嘘臭くなくやられた。主人公も冒頭の母親想いのシーンが効いてくる。悪い奴では決してないのがわかる。


ラストのクロードレインズもいい。バカ野郎が、ってどっちがだよ😁
にくいねえ😎


登場人物はみなキャラが立っていたし、物語の抑揚の付け方もよく飽きなかった。受け付けるか受け付けないかはありそうだが、良作でした。


※Filmarkさん、追加ありがとうございます。邦題は「謎のボクサー」になってました。