もんてすQ

スクープ・悪意の不在のもんてすQのレビュー・感想・評価

スクープ・悪意の不在(1981年製作の映画)
3.5
報道災害とマスメディアのモラルを問う佳作

話がかなり複雑でわかりづらい
でも問題提起は明確にしていて、悪くないと思う

クライマックスが『女神の見えざる手』みたいで熱い