犬

スクープ・悪意の不在の犬のレビュー・感想・評価

スクープ・悪意の不在(1981年製作の映画)
3.4
コーヒー

ある港湾労働組合のリーダーが失踪
FBIは事件解決を焦るあまり、1人の男を犯人に仕立て上げようとする
その情報操作にかかり、スクープ記事を書いた女性記者は真相究明に乗り出すが、弁護のために書いた記事が男の最愛の女性を自殺に追い込み……

真実のための報道さえも人を傷つけてしまう恐さを描いた社会派ドラマ

裏付け

難解というか重たい
伝えたいことは分かるけど若干難しい

ストーリーはまあまあ

ロマンスもはさむ

ポール・ニューマンとサリー・フィールド2人の演技が良かったです