いのちの停車場の作品情報・感想・評価

「いのちの停車場」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

こんな映画はもうお腹いっぱいなんだけど…。でも、悪口の言いにくい映画。ガンが治る薬ができたら平均寿命が高くなって日本は餓死する云々は、聞いててドン引きした。
moro

moroの感想・評価

3.6
20/04/02(試写)

東京の大病院から
地元の在宅医療へ

患者に事情があったり
終末医療が多かったり

父親との関係を縦軸に
横軸に幾つか挿話が重なり
少女の話には泣かされた

地味な題材だけど
相馬さんの光溢れる撮影と
ロケ地、美術の力で後味良し

金沢の雪と映画女優って
最強組み合わせ
どや

どやの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「命の終い方」について深く考えさせられる作品。
なんといっても一番泣けたのは、松永桃李が息子の代わりになって父親の最期を見送るシーン。
広瀬すずかわいいいいい


話はとても興味深いのに、命の重みがそこまで感じられなかった。子供が絡むと泣いちゃうよ。
RinaKato

RinaKatoの感想・評価

4.0
在宅医療。とても現実味のあるテーマだった
マサ

マサの感想・評価

3.0
登場人物がかなり豪華!次々に登場するため、ちょっと唐突な感じもする場面が。途中まさかのモノマネ大会が勃発!まさかとは思ったけどさすがに吉永さんはやってくれなかった笑石田ゆり子さんは捨て身のモノマネを披露してくれてます。マスターがまた粋なんだよねぇ
desde17

desde17の感想・評価

-
ご縁があったので。
内容の良し悪しはともかく、何度も泣かせにくる構成がずるい。この手の映画作りはあまり話を詰め込むと一つ一つのストーリーが軽くなるような感じがして難しいだろうな。
吉永小百合さんは小顔で華奢で、話し方がしなやかで、とても可愛らしい方でした。
いのちの終いかたを考えさせられました

松坂桃李さん、とても良い演技でした
ゆーき

ゆーきの感想・評価

3.8
#2021年68本目
#2021年劇場観賞17本目
ご縁でなんとなく観に行って、、、
よかった!!

自分の家族だったらどうするか。自分だったらどうするか。
悲しみにどう向き合うか。
場面は違っても、自分の番が来るまで人生で何度かは触れることになる。触れたことがある。
できれば少しでも受け入れやすく、穏やかなものであってほしい。。

医療従事者は多くに立ち会っていて、技術以上に人を救ってくれることがある。
こんな医師たちに出会っておきたい。

映画館で泣きすぎた。
>|