はる

ヤクザと家族 The Familyのはるのレビュー・感想・評価

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)
4.7
そういえば子供の頃は入墨のおじさんって普通にいたな。
チンピラは怖かったけど、スーツを着たやくざさんは礼儀正しくてカッコいいと思ったこともあった。
あの人たちは今ごろどうしているんだろうか?

暴力団対策法の事は報道で耳にしたことはあったけど、こんなに大きな変化が起こっていたなんて、今まで知らなかったし、気にしたこともなかった。

柴咲組の人たちを見ると、ひとつの文化が消えていくかの様な寂しさを感じました。だけど、暴力団だよね、気持ちの持って行き方が難しい。
それに対して加藤組が生き残っていたのも、なんだかなぁ。
義理と人情を重んじるやくざは滅びるけど、ITを取り入れた犯罪集団はいまだに残っているよ。

鑑賞後は舘ひろしの「泣かないで」を聞きながら、社会の中の必要悪について考えこんでしまいました。

市原隼人は後半までセリフが少なかったのに存在感は大きかったなぁ。最後の方ではやはり大きな役割を担っていましたね。
そして、翼役の磯村勇斗がまた良かった。今後注目していきたい役者さんです。