あずき

あのこは貴族のあずきのレビュー・感想・評価

あのこは貴族(2021年製作の映画)
-
すごく良い映画だった。
人物がみんなとても素敵。
石橋静河、山下リオの凛とした美しさ。
門脇麦の所在なさ。
そして水原希子の超越者としての自由。

私たちもう東京の養分だよね、というセリフ。

トマトを育てたいの。
買ったほうが早いよ。
そうね。でもやりたいの、という会話。

傷ついて幻の東京に疲れ果てても
貴族でも貴族じゃなくても
夢なんてみることはほとんど不可能に近くても
彼女たちは超えていく。

決められたよりもずっと高く遠く
そして混ざりあう。
混ざりあい理解しあうことで
さらに美しい生き物に進化する。

あのこは貴族。
そしてわたしたちは
いったいどこまで行けるのだろうか。