塚原直彦

あのこは貴族の塚原直彦のレビュー・感想・評価

あのこは貴族(2021年製作の映画)
4.2
そのタイトルから格差社会をウィットに斜めから斬り込んだ作品…かと思えば、むしろ適度に優しく暖かく程よい距離感でそこへと寄り添った本作。
主演二人のこれまでのイメージを逆手に取った配役も面白い。

これまで概ねオーバーに、そして画一的に描かれてきた富裕層というポジション。
勿論それらも間違いなく存在する訳だが、決して違う生き物ではなく悩み苦しむ血の通った人種として丁寧に描く。
そこに役者の自然な演技と気の利いた台詞や細かな衣装が加わり、リアルな可笑しさを突き付けてくれる。

どちらが良い悪い等ではなく、そこに生きる彼女らの淀みを理解する為に一歩踏み込んだ作風は現代ならでは。
派手な展開はなくとも、撮影、演出、全てに於いて上品でこれぞ一級品。
どんな映画なのか?と簡単には分類できない辺りが魅力的で愛しく、一際輝く。