キャサリン子

あのこは貴族のキャサリン子のレビュー・感想・評価

あのこは貴族(2021年製作の映画)
4.0
松濤に住むお嬢様と地方から上京した庶民の娘が、ひとりの男をキッカケに出会ったことで思わぬ形で交わっていく…というお話。


評判良いだけのことはあり、とても面白かった!
ドロドロした三角関係モノかと思っていたけれど全然違いました。
全く異なる人生を歩んできた二人が、ひょんなことから出会い、互いに成長して自分自身を解放するお話です。

ストーリーもさることながら、東京の夜景の映像が、素晴らしい。
「東京での暮らしは色々あるけれど、辛いことばかりじゃないよ。この街には、夢も希望もあるよ。」
そんな風に語ってくれているかのような、そっと背中を照らしてくれているような温かさを感じました。
忙しない街ではあるけれど、ここで生きていくと決めたんだから頑張ろう。
そう思えました。


とても心地良い、上質なドラマでした。
傑作だと思います。