明宏

あのこは貴族の明宏のレビュー・感想・評価

あのこは貴族(2021年製作の映画)
-
「東京は住み分けされている」の台詞の通り、登場人物達が階層ごとに分かれ、章分けされる。映画の中で局所的な接触もあるけど、基本的には東京の構造が映画の構造をリンクさせて、話をすすめていく。着眼点と描き方が面白いなぁ

その上で、各レイヤー各人物が現状に対して感じている不満や不安がすごく生っぽく描かれているのが、面白い。自分が映画の中の誰かに立場に近いわけではないけど、映画を観ている間はどの登場人物の気持ちにもなれるし、そういう風に立場を比較しながらもどの立場の人も突き放さないような撮り方が良かった。

映画はもちろん見返したいんだけど、いい台詞がいっぱいあるので、脚本読んだり、何か作業しながら音声だけ聴いても楽しいんだろうなと思った。飴?を容器振って出すときに「あっ 雑魚出た」の台詞で吹いた。「あたし達って東京の養分だよね」とかも良いし。地元の同窓会の様子の馬鹿だけど楽というあの感じとか。共感ベースで思い返すと、上京組の台詞や様子が思い浮かんでしまうけど、榛原の姉や義兄の会話とかもめちゃめちゃ楽しい。演技とセリフを存分に楽しめる映画だ