東朴幕院

あのこは貴族の東朴幕院のレビュー・感想・評価

あのこは貴族(2021年製作の映画)
3.7
岨手由貴子監督は初鑑賞。丁寧な作りで好印象で、ジェンダーから始まり都市vs地方都市、支配者層と庶民と多くのギャップを忍ばせながら主人公の華子の成長、解放を描いている。
優しいタッチでどの階層を悪く表現する事なく、それでも自分の立ち位置を強く意識する様は、疑問も湧く部分もあるのだが、それでも自分らしく生きていくかと考えさせるものだ。
開業医の三姉妹の末っ子を演じる門脇麦のあの過剰なまでに受動的な所は良く表現出来ていたと思うね。一方で、支配者層に属する高良健吾演じる幸一郎を見てある決意をする訳だが、どのタイミングでそれを意識したのだろうか?逃避ではなく、自分らしくある為にという決意が何処から来たのか曖昧なままの様な気がした。それが水原希子演じる美希との出会いで彼女の部屋で過ごしたあの時間を指すので有れば、それはちょっとした憧れにしか過ぎない様に感じてしまった。
その結果、花子はバイオリニストの友人、逸子のマネージャー的な仕事をしているという事で生業としてやりたい事をしている様にも見えない。それでも食っていけるからタイトルの通りなのかもしれないが。
いずれにしても繊細なタッチでよく出来た作品ではあると思うのでオススメではあるよ。