まなみ

あのこは貴族のまなみのレビュー・感想・評価

あのこは貴族(2021年製作の映画)
4.0
上を見ようとしたことのある人にはわかる映画、かもしれない。

東京にある無数の層の雲の上、いわゆるいい家柄の華子と、地方から上京してきて居場所を作ろうとする美紀の対比、というか対比はあるけど交流とまざりあい?

同じ層にはならなくても、接することでお互いに影響を与えたりはする。生きる場所は違っても人と人だから、心はまざりあって変化したりする。それって凄いことだなあと思ったりしました。

望まれたように生きるのも悪いことじゃないし、自分の好きなように生きられたらそれもいい。何も否定してないし、だれも嫌なやつじゃないのが好き。

曖昧な笑みしかできなかった華子が心から楽しそうに笑っててそれだけで嬉しくなってしまったよ私は…。幸一郎は王子様じゃなかったけど人間らしくて多分やさしいやつで、描かれていない時間華子ともいっぱい話したんだろうなあ。

とか、隙間を想像するのが楽しいほどに立体感がある作品でした。ちょっとした会話や仕草にもそれぞれの生きてきた道が見える感じ、良かった!