茄子 アンダルシアの夏の作品情報・感想・評価・動画配信

「茄子 アンダルシアの夏」に投稿された感想・評価

よしの

よしのの感想・評価

3.5
Amazon prime
歌代

歌代の感想・評価

4.4
地元という存在の、憎いとか好きとか一言で言えない気持ち。
無駄なカットがひとつもない。
意味のないものがひとつも存在しない。
刺さる人にはものすごく深いところに刺さる映画です。
shamcafe

shamcafeの感想・評価

3.9
かなり良かった
見返し次第再評価
よーだ

よーだの感想・評価

3.0
チャリレースがマニアックすぎる
なぜクリップしてたのかわからない作品。47分という手頃な時間で観れるので、とりあえず鑑賞。

競輪選手のぺぺが地元スペインのロードレースで優勝を狙う歴としたスポーツアニメーション。
チームのため、結婚する兄のため、そして自分のために、悪条件の中必死に優勝を争う様は手に汗握る面白さでしたな。

監督の高坂さんは、スタジオジブリ作品で作画監督を務めており宮崎駿の右腕と呼ばれていたと聞いて、納得の完成度。この短時間でキャラに愛着を感じるなんていうのは、良作の証でしょ。

これ続編もあるから是非観ててみようと思う。って事で感想おわおわり
おすすめ度高いです!

primeにあって47分と短めなので軽く観られます

ちょっと空いたときとかにぜひ
gesu

gesuの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

うん。前に見たな。
十年前くらい(…と書いてゾッとしたが)原作黒田硫黄氏の作品を集めていた。筆ペンと墨塗りの独特なタッチの陰影と酸味のするようなクセありの人物たちが描かれていた。
本作の原作はタイトル通り茄子をテーマにしたオムニバス作品だった。
映画化/映像化していたのを知ったのはその少しあと。
ぺぺの地元に対する捨てられない敬意と憎悪の入り混じった感情はきっと万人が持ってるもんでもないんだろうな。
兵役の間に彼女を兄貴に取られてたらね。そらね。
しれっと嫁も平気な顔で出てくるけど好きとかどんな気持ちでいうとんな。
地元のあのまとわりついてくるうんざり感と結局どこか感じてしまう安心感てやっぱ言語化できないよなー清濁合わせ飲むというか。
帰るか、とは思うけど帰ったら帰ったですぐ辟易するからなー
自転車レースって詳しくないけど、ただこいでるだけじゃなくメンバー各々に役割のあるチーム戦なんだな。
チーム戦力と順位とポイントが絡んでルール複雑そうだから深く掘ると面白そう。
遠くに行きたいと願うぺぺと、才能がありながら地元で結婚して地域に根差すことを選んだ兄貴。
きっとお互いの境遇を羨ましく思うところがあるんだろう。
茄子の漬物とワインいいな。仮に旨くなくても食べてみたい。
パオパオはビールのホームラン王!
>|